ペップ“初陣”古巣に苦杯も手応え「プレーには満足している」

[ 2016年7月22日 05:30 ]

昨季までの古巣バイエルンMとの親善試合に臨んだマンチェスターCのグアルディオラ新監督(AP)

 マンチェスター・シティーのグアルディオラ新監督が“初陣”で古巣に苦杯を喫した。

 20日、昨季まで指揮したバイエルン・ミュンヘンとアウェーで親善試合を行い、0―1で敗戦。19歳のナイジェリア代表FWイヘアナチョら10代の選手を5人先発させるなど若手主体のチームで臨み「チームには若い選手がたくさんいる。今日のプレーには満足している」。無得点には終わったが、初の実戦で手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年7月22日のニュース