J3最下位の鳥取、“野人”岡野GMベンチ入りへ「現状を打破するため」

[ 2016年7月22日 16:03 ]

 J3の最下位に低迷する鳥取は22日、元日本代表FWでもある岡野雅行ゼネラルマネジャー(GM、43)が24日にとりぎんバードスタジアム行われる明治安田生命J3リーグ第18節・長野戦からチームスタッフとしてベンチ入りすると発表した。

 2014年にJ2からJ3へ降格した鳥取は、降格3年目の今季ここまで2勝4分け10敗の勝ち点10で最下位の16位に低迷。5月15日のYS横浜戦(ニッパツ)で勝利したのを最後に8試合勝利から遠ざかっており、現在3連敗中。

 クラブによると、岡野GMのベンチ入りは、今季就任した元日本代表主将でもある柱谷哲二監督(52)の発案で「最下位の現状を打破するためにクラブとして決定いたしました」としている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年7月22日のニュース