ハンガリー44年ぶり1勝!40歳GKキラーイ 最年長出場で完封

[ 2016年6月16日 05:30 ]

セーブするハンガリーGKキラーイ(AP)

欧州選手権1次リーグF組 ハンガリー2―0オーストリア

(6月14日 ボルドー)
 F組のハンガリーはオーストリアに2―0で快勝し、前回出場した72年大会以来44年ぶりの白星を挙げた。大会最年長出場を果たしたGKガーボル・キラーイ(40=ソンバトヘイ)が完封で新記録に花を添えた。

 不惑の守護神が歴史を刻んだ。ハンガリーのGKキラーイが40歳74日でフル出場。マテウス(ドイツ)の39歳91日を上回って大会史上最年長出場を達成した。前半35分には強烈なミドルシュートを左手一本で防ぐなど隣国対決で完封。大会44年ぶりの勝利をもたらした立役者を、シュトルク監督は「年齢は関係ない。世界最高の選手の一人」と称賛した。

 「パジャマのよう」と称されるダブダブの灰色長ズボンがトレードマーク。「20年着ている。短いズボンも試したことがあるけど、結局これが一番落ち着く。モデルじゃないしね」と自分のスタイルを貫く。ドイツ2部1860ミュンヘン時代にはFW大迫とともにプレーしたベテランは、予選は10試合中9試合に出場。国内組中心で予選10試合11得点と攻撃力に欠けるチームを、堅守と経験で支えて44年ぶりの本大会出場に導いた。

 88年にデビューしてから同代表歴代最多の104試合目で、指揮官は「彼の長年の努力が報われた」。1950年代に“マジック・マジャール”と称された東欧の古豪が、長い低迷期を支えてきた守護神とともに復活の1勝を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年6月16日のニュース