フランス、2連勝で16強一番乗り 欧州選手権

[ 2016年6月16日 08:18 ]

後半、ゴールを決めてアピールするフランスのパイエ(AP)

 サッカーの欧州選手権第6日は15日、フランスのマルセイユなどで1次リーグが行われ、A組の開催国フランスはアルバニアを2―0で破り、2連勝で16強による決勝トーナメント進出を一番乗りで決めた。試合終了間際にグリーズマンとパイエが得点した。初出場のアルバニアは2連敗。

 A組のもう1試合はスイスとルーマニアが1―1で引き分けた。スイスは勝ち点4、ルーマニアは同1となった。

 B組では初戦に敗れていた初出場のスロバキアがロシアを2―1で破り、初勝利を挙げた。ロシアは1分け1敗。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年6月16日のニュース