スロバキア独立後初勝利!ハムシク1ゴール1アシストの活躍

[ 2016年6月16日 05:30 ]

ゴールを決めてポーズするスロバキアのハムシク(AP)

欧州選手権1次リーグF組 スロバキア2―1ロシア

(6月14日 リール)
 スロバキアが、93年にチェコスロバキアから独立後、初出場で初勝利を挙げた。

 その原動力となったのは、予選でチーム最多5得点を挙げたMFハムシク(ナポリ)だ。モヒカンがトレードマークの大黒柱は、前半32分にロングパスで先制点をアシスト。同45分には左ショートCKから対角線の右ポストに当てて豪快にゴールネットを揺らした。ロシアのフーリガンが警戒される中で東欧対決を制し、決勝トーナメント進出へ前進した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年6月16日のニュース