長谷部 今年の漢字は「忍」「飛躍するための助走期間になれば」

[ 2015年12月22日 05:30 ]

冬季ブレークのため一時帰国したフランクフルトの長谷部

 フランクフルトで日本代表MF長谷部が冬季休暇のため一時帰国した。クラブは残留争い、日本代表でも苦戦が続いた今年を漢字1文字で表すと「忍」と言った。

 その心は「いい時期もあれば悪い時期もある。アジア杯からW杯予選まで特に代表に関してはポジティブな結果を残せなかった。期待感が薄れているのを感じる。これから飛躍するための助走期間になれば」と説明した。一方で3月に就任したハリルホジッチ監督については「あの情熱は凄い。今後代表がどういう化学反応を起こせるか」と語った。オフ期間は体を休ませ年明けにも再渡欧する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月22日のニュース