レアル 55年ぶり3度目の2桁得点で圧勝!ベイル4得点

[ 2015年12月22日 05:30 ]

リーガ・エスパニョーラ第16節 Rマドリード10―2バジェカノ

(12月20日)
 Rマドリードは、60年のエルチェ戦(11―2)以来55年ぶり、クラブ史上3度目の2桁得点で圧勝した。

 1―2の前半14分にバジェカノの選手が危険なタックルで一発退場。同25分にMFベイルのゴールで追いつくと、3分後には2枚目の警告で相手がさらに一人退場となり、その後は9人の相手を一方的に攻めて計10点を挙げた。レアル加入後初の1試合4得点をマークしたベイルは「クリスマスを飾る勝利だったね」とご機嫌だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月22日のニュース