ブラッター会長 処分の取り消しを求めFIFA上訴委に提訴へ

[ 2015年12月22日 23:51 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会から21日に8年間の活動停止処分を受けた、FIFAのブラッター会長の弁護士は22日、処分の取り消しを求めてFIFA上訴委員会に訴えることを明らかにした。

 弁護士は声明で「21日の裁決で贈収賄は認定されなかったが、ブラッター会長は他の嫌疑も誤りであると示したいと強く願っている。プラティニ氏との関係は、どの観点からも適切であると証拠が示しているからだ」と説明。「汚名をそそぐために、全ての法的手続きを取る用意がある」と、スポーツ仲裁裁判所(CAS)やスイスの裁判所への提訴も示唆した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年12月22日のニュース