宇佐美 最年少23歳で2年連続ベスト11「凄くうれしい」

[ 2015年12月22日 05:30 ]

ベストイレブンの(前列左から)金崎、遠藤、青山、大久保、宇佐美、ドウグラス、(後列左から)西川、槙野、太田、森重、塩谷

Jアウォーズ

 今回最年少23歳で2年連続のベストイレブンに選出されたG大阪の日本代表FW宇佐美は「去年と同じく凄くうれしい」と語った。

 2連覇こそ達成できなかったが、過密日程と向き合いながらリーグ戦全34試合に出場。「最終的にこういう賞をもらえてありがたい」と話した。

 ≪ベスト11喜びの声≫
 
 ▼西川 充実したシーズンでした。日本代表でのプレーはまだまだ。やっとスタートラインに立てたと思います。

 ▼槙野 記憶が正しければ、04年は中沢選手、06年は闘莉王選手がMVPに輝き、日本代表の柱になった。僕もJリーグでMVPを獲って日本代表の柱になりたい。

 ▼太田 チームが優勝してこの場に来たかったので悔しい。もっと得点に絡めるように最後の精度を高めたい。

 ▼森重 リーグタイトルが欲しかったシーズン。足りないものを探しながら来季を戦いたい。

 ▼塩谷 うれしいものはうれしい。

 ▼金崎 うれしいです。ありがとうございます。勝ちたいということしか考えていないので、よく分からない。

 ▼ドウグラス 監督とスタッフの言うことをしっかり理解してプレーした結果。悪い時も良い時も団結した結果です。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月22日のニュース