W杯優勝メンバー、イアクインタらを起訴 マフィア絡みで銃不法所持

[ 2015年12月22日 10:07 ]

 イタリアのボローニャの裁判所が21日、同国南部カラブリア地方に本拠を置くマフィアと関係を持ったとして、サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝したイタリア代表のメンバーだったFWイアクインタら140人以上を起訴したとロイター通信が報じた。

 カラブリア地方の出身のイアクインタはマフィアに協力する目的で、銃を不法に所持した疑いがある。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月22日のニュース