ハリル監督“FW陣よ、アニマルになれ!!”研修会で講義

[ 2015年12月22日 05:30 ]

研修会で講演する日本代表・ハリルホジッチ監督

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)がFW陣に野性味あふれる動物的なプレーを求めた。21日、日本協会公認S級コーチライセンスのリフレッシュ研修会に講師として出席。200人を超える指導者の前で約2時間、代表の強化方針などを語った後に、報道陣の前で自身のストライカー論を展開した。

 現役時代に2度のフランスリーグ得点王に輝いた実績を持ち「ゴールゲッターはアニマル。気持ち、アグレッシブさが必要になる。私は現役時代に得点できないと病気になり、イライラして全員を殴ってでも得点したいと思った」と説明。「FWの育成は大事。急には生まれてこない。代表に呼んだ選手でも16メートル(ペナルティーエリア)に入る意識が低い選手が多い。16メートルの中にいないと得点は難しい。メッシは例外ですが」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年12月22日のニュース