石井監督 リーグ戦でも“勝利のダンス”を推奨

[ 2015年11月5日 05:30 ]

 鹿島の石井監督が“勝利のダンス”を奨励した。優勝したナビスコ杯で決勝後、サポーターの応援歌に合わせて選手が踊ったことに着目。「そういう雰囲気は良いなと思う。観客数が減ってきている。タイトルが懸かった試合でなくてもファンの人たちに同じ気持ちで接してほしい」と話した。

 7日にはホームで横浜と対戦。選手の自主性に任されるが、第2ステージ優勝のために勝たなければいけない一戦で勝ち点3を獲得すれば、歓喜の舞いが見られるかもしれない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース