アーセナル16季連続突破に黄信号 ベンゲル監督「わずかだが可能性ある」

[ 2015年11月5日 12:42 ]

欧州CL16季連続での決勝トーナメント進出が厳しくなったアーセナルのベンゲル監督(AP)

欧州CL1次リーグF組 アーセナル1―5バイエルン・ミュンヘン

(11月4日 ミュンヘン)
 昨季まで15季連続で1次リーグを突破しているアーセナル(イングランド)だが、今季は4試合を終えて勝ち点3。自力での決勝トーナメント進出が消滅し、厳しい状況に追い込まれた。

 前節ホームの対戦では戦略がはまり、後半の2得点で快勝したが、今節アウェーでは前半だけで3失点と圧倒された。後半途中から出場したバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)のFWロッベンにはファーストプレーで得点を奪われ、終盤には屈辱的な5点目を決められて惨敗した。

 次節にアーセナルがディナモ・ザグレブ(クロアチア)に勝った上でオリンピアコス(ギリシャ)がバイエルン・ミュンヘンに負けなければ、最終節を待たずに望みが絶たれる。

 ベンゲル監督は「わずかだが、まだ可能性はある」と自らに言い聞かせるように話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース