マンC 前半3発で完勝!“死の組”から決勝T進出一番乗り

[ 2015年11月5日 05:30 ]

セビリア戦で先制ゴールを決め喜ぶマンチェスターCのスターリング(AP)

欧州CL1次リーグD組 マンチェスターC3―1セビリア

(11月3日)
 マンチェスター・シティーは前半の3発で試合を決め、2試合を残して強豪ぞろいの“死の組”を突破した。

 前半8分、MFフェルナンジーニョのスルーパスに反応したMFスターリングが先制ゴールを挙げるなど、欧州リーグ2連覇のセビリアに敵地でシュート22本を浴びせる完勝。自身CL初得点をマークした20歳のスターリングは「僕にとって特別なゴールだけど、一番重要なのはきょうみたいな試合をすることだね」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース