ハリル監督、ハットの武藤に「自信をつけて冷静にできるだろう」

[ 2015年11月5日 15:17 ]

日本代表メンバー発表

 日本サッカー協会は5日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア2次予選に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

 常に課題となっている決定力不足を踏まえてハリルホジッチ監督はFW陣に金崎(鹿島)を復帰させ、10月31日のブンデスリーガ、アウクスブルク戦でハットトリックを達成した武藤(マインツ)にも大きな期待を寄せた。

 「(武藤は)まれな選手、3点取った。日本の選手では(なかなか)起きないこと、かなりうれしい」と喜びを表し、「この選手も向上する。爆発的スピードはかなり高いレベル。(以前は)ゴール前で慌てたシーンもあったが、自信をつけて冷静にできるだろう」と話した。

 また、宇佐美(G大阪)については「疲れているような気がします。ACL、リーグ戦などずっとプレーしておりフレッシュではないかもしれない」と気遣った。さらに20歳の南野(ザルツブルク)については「若くて有望なゴールゲッター。2、3年後には全く違うレベルになっている」と将来を託せる人材であることを強調していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース