リヒトシュタイナー 復帰戦で千金同点弾!貴重な勝ち点1に貢献

[ 2015年11月5日 05:30 ]

ボルシアMG戦で同点ゴールを決め喜ぶユベントスDFリヒトシュタイナー(AP)

欧州CL1次リーグD組 ユベントス1―1ボルシアMG

(11月3日)
 ユベントスは9月に不整脈と診断され、心臓手術を受けたDFリヒトシュタイナーが1カ月半ぶりに先発復帰。0―1の前半44分にMFポグバの浮き球パスを右足で合わせ、同点弾を決めた。

 後半8分にMFエルナネスが退場となったチームはボール支配率33%と苦しみながらも敵地で貴重なドロー。合流後2回の練習だけで実戦復帰したリヒトシュタイナーは「重要な試合だったのでチームを助けたかった」と笑顔をのぞかせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース