G大阪からは最多タイの3人選出 宇佐美決意「結果を出せるよう…」

[ 2015年11月5日 15:14 ]

日本代表メンバー発表

 日本サッカー協会は5日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア2次予選に臨む日本代表メンバー23人を発表。G大阪からはGK東口、DF藤春、FW宇佐美と浦和と並んで最多となる3選手が選出された。

 3選手はクラブを通じて以下の通りコメントしている。

 ▼東口 選出されて嬉しく思います。今回もアウェーでの戦いとなりますが、アジアで戦ってきたガンバでの経験を生かし、出場に向けてしっかりと準備したいと思います。

 ▼藤春 また代表に選出されて嬉しく思います。2次予選という本番に合流することになりますが、自分自身の100%の力を出し切れるように精一杯頑張ってきます。

 ▼宇佐美 また代表として戦えることを光栄に思います。前回同様結果が求められる試合になるので、出場と、結果を出せるよう頑張ってきます。

 バヒド・ハリルホジッチ監督(63)率いる日本代表は今月12日にシンガポール代表と、同17日にカンボジア代表と、ともにアウェーで対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年11月5日のニュース