岩渕、2戦連発狙います!宇佐美から激励メールもきた!

[ 2015年7月1日 05:30 ]

リラックスムードで練習をこなす岩渕(右は近賀)

女子W杯カナダ大会準決勝 日本―イングランド

(7月1日 エドモントン)
 攻撃の切り札の岩渕は2戦連発を狙う。オーストラリア戦で決勝弾を決めた22歳の新星は「もう1点、という欲が出てきた。早くピッチに立ちたい自分がいる」と意欲を見せた。準々決勝後には親交が深いG大阪のFW宇佐美とメールを交換。「“ナイッシュー”って来て“ハット(トリック)、ナイス!”って返したら“次も頑張ってね”って来た」と笑った。

 イングランドとは08年U―17W杯で得点しながらPK戦で敗れ、チームが勝った10年U―20W杯はDFブロンズに抑え込まれて無得点。前回W杯も切り札として出場しながら相手ネットを揺らせずに敗れた。「また(決勝が行われる)バンクーバーに帰れるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年7月1日のニュース