先制の野津田「スペースうまく入れた」追加弾の金森「決められてよかった」

[ 2015年7月1日 21:44 ]

<U-22日本代表・U-22コスタリカ代表>前半、野津田先制ゴールを挙げる
Photo By スポニチ

国際親善試合 日本2―0コスタリカ

(7月1日 ユアスタ)
 コスタリカのしぶとい守備に苦しんだU―22代表を救ったのはMF野津田の鮮やかなジャンピングボレーだった。「マイナスのスペースにうまく入れた」とDF亀川からのクロスに反応、右足をきっちり合わせて先制点ゴールを叩き込んだ。

 途中出場で、後半に追加点を挙げたFW金森は「裏や間のスペースを突いていけばチャンス(と思った)。決められてよかった」と果敢な攻撃が奏功したことを喜んだ。来年1月の五輪最終予選までは半年を切ったが、得点を挙げた2人はともに「課題を克服したい」とさらなる成長を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年7月1日のニュース