北九州 MF近藤祐介がJ3長野へ完全移籍

[ 2015年7月1日 15:38 ]

 J2北九州は1日、MF近藤祐介(30)がJ3長野へ完全移籍すると発表した。

 近藤は流通経大柏高から2003年にFC東京に加入。神戸への期限付き移籍を経て10年には札幌へ移籍した。13年からプレーした栃木では定位置を獲得し、同年はJ2リーグ戦41試合出場で7得点、14年は40試合4得点の成績を残した。昨季限りで栃木を契約満了となり北九州に加入したが、今季ここまでリーグ戦5試合の出場にとどまっていた。

 クラブを通じてコメントを発表し、「ギラヴァンツ北九州では短い期間でしたが、スタンドからの応援や練習グラウンドでの応援が励みになりました。来シーズンはAC長野パルセイロの選手としてJ2に上がって来たいと思いますので、これからも応援をお願いします」とコメント。新天地となる長野を通じては「1試合1試合、チームの勝利のために全力で戦い、ファン、サポーターのみんなでJ2昇格ができるよう、共に戦いましょう。スタジアムでの声援をよろしくお願いします」と意気込んでいる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年7月1日のニュース