広島から2人選出 青山「力になれるように」水本「求めるもの理解する」

[ 2015年3月19日 15:16 ]

 日本サッカー協会は19日、チュニジア戦(27日、大銀ド)ウズベキスタン戦(31日、味スタ)に臨む日本代表メンバー31人とバックアップの12人を発表した。

 J1の広島からはMF青山敏弘(28)DF水本裕貴(29)とバックアップメンバーにDF千葉和彦(29)、塩谷司(26)が選ばれた。

 青山、水本はクラブを通じ、以下の通りコメントしている。

 ▼青山 日本代表に選出されて光栄です。今年から始まるW杯予選に向けてしっかり自分が日本代表の力になれるように、また、新しい監督の戦術を理解してチームの力になれるように頑張ります。

 ▼水本 日本代表に選ばれて光栄に思います。監督の求めるものを理解して、勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月19日のニュース