FC東京 太田「自分はアピールし続けないといけない立場」

[ 2015年3月19日 17:07 ]

 FC東京のDF太田宏介(27)が、アギーレジャパンに引き続き新生ジャパン入りを果たした。

 開幕前に左太もも裏を負傷、7日のG大阪との開幕戦、14日の横浜戦といずれも途中交代し「自分の中でアピールしきれなかった」という不安はあったという。それでも、もはや日本人屈指の左足の鋭いクロスと積極的な攻撃参加は誰もが認めるところ。ハリルホジッチ監督が視察した14日の横浜戦では、鋭い左足のクロスを上げた場面で、指揮官から賞賛の拍手を送られる場面もあり、今回も充当にメンバー入り。さらに同ポジションの長友は今回は招集されたものの、ケガで出場が見送られる可能性が高く、先発の座を勝ち取る絶好のチャンス。

 それでも太田は「自分はアピールし続けないといけない立場」と語り、「練習から自分の強みを分かってもられるようにアピールしていきたい。雰囲気作りという意味でも、(チームを)盛り上げることができれば」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月19日のニュース