ハリル監督、内田ら負傷メンバー選出理由は「コミュニケーション」

[ 2015年3月19日 15:26 ]

「ハリル流!?」会見台の前に立ちメンバー発表をするハリルホジッチ監督

サッカー日本代表メンバー発表

(3月19日)
 日本サッカー協会は19日、チュニジア戦(27日、大銀ド)、ウズベキスタン戦(31日、味スタ)に臨む代表メンバー31人とバックアップメンバー12人を発表した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督(62)はDFに内田篤人(26=シャルケ04)長友佑都(28=インテル・ミラノ)、MFに今野泰幸(32=G大阪)と負傷中のメンバーも選出。

 内田、長友について指揮官は「長友は長い期間プレーしていない。内田も膝に問題を抱えている。彼らがどんな状態か知るために話していきたい。われわれの目的を知ってもらうためにコミュニケーションを取りたい」。今野についても「代表では多くの経験があるが、ケガの状態を含めてコミュニケーションを取りたい」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月19日のニュース