川崎からFW小林選出「特長出していきたい」バックアップに2選手

[ 2015年3月19日 17:47 ]

 日本サッカー協会は19日、チュニジア戦(27日、大銀ド)ウズベキスタン戦(31日、味スタ)に臨む日本代表メンバー31人とバックアップの12人を発表した。

 J1の川崎FからはFW小林悠(27)が選ばれ、バックアップにDF車屋紳太郎(22)MF谷口彰悟(23)が選ばれた。

 3選手はクラブを通じ、以下の通りコメントしている。

 ▼小林 このたび、日本代表に選出していただきとても光栄に思います。監督がかわり、また新たなスタートになります。自分の特長をしっかり出していきたいと思います。いつも支えてくれる家族、フロンターレのスタッフ、チームのみんな、サポーターの皆さんに感謝しています。自分らしく頑張ってきたいと思います。

 ▼車屋 このたび、日本代表のバックアップメンバーに選ばれることになりました。まだフロンターレではチームに迷惑をかけてばかりですが、代表に選ばれるチャンスを与えられた以上、その期待に応えられるように日々努力し、準備をしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

 ▼谷口 このたび、日本代表のバックアップメンバーに選出していただきました。大変光栄に思います。いつ呼ばれてもいいように、心と身体の準備をしておこうと思います。まずはフロンターレで高いパフォーマンスを発揮し続けること、そして勝利に貢献できるように努力していきたいです。その先に日本代表のチャンスがあると思いますので頑張ります。これからも応援、よろしくお願いします。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月19日のニュース