武藤 不発アピール失敗も…チームは石川“復活弾”で白星発進

[ 2015年3月19日 05:30 ]

<FC東京・新潟>後半、新潟・川口(左)と競るFC東京・武藤

ナビスコ杯予選リーグA組 FC東京2―1新潟

(3月18日 味スタ)
 FC東京のFW武藤は代表発表前の最後のアピール弾を狙ったが、7日のG大阪とのリーグ開幕戦以来のゴールはならなかった。

 少ないチャンスの中、後半4分にDFラインの裏に抜け出したが相手DFに奪われ「決めるイメージがあったので悔しかった」と振り返った。それでも1月のアジア杯メンバーに選出されるなど実績は十分。新生日本代表での活躍にも期待が懸かる。試合は前半2分に先制されたが、FW石川が後半20分に「良い仕掛けができた」と振り返った13年11月30日のリーグ戦柏戦以来となる復活弾で追いつくと、同33分に林がPKを決め逆転勝利。タイトル奪取へ白星スタートを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月19日のニュース