3冠王者G大阪、返り討ちだ!宇佐美“今季1号”宣言

[ 2015年2月28日 05:30 ]

(左から)G大阪・長谷川監督、遠藤、浦和・阿部、ペトロヴィッチ監督

富士ゼロックス・スーパー杯 G大阪―浦和

(2月28日 日産ス)
 リベンジに燃えるライバルを返り討ちにする。G大阪は会場の日産スタジアムで1時間の調整。主力級を次々と補強して昨季の雪辱を期す浦和に対し、バックアップメンバー中心の戦力補強にとどまった3冠王者は変わらぬ安定感こそが最大の武器になる。FW宇佐美は「(浦和は)今季もたくさんの選手を補強している」と話しながらも「僕らは僕らのサッカーをするだけ」と前を向いた。

 今季初戦となった24日のACL広州富力戦に0―2で敗れたばかり。しかし、まだ2月だ。公式戦を重ねることでしか取り戻すことのできない感覚がある。不発に終わったエースも1試合をこなしたことで状態が上向きとなったことを実感した。この日も軽快な動きと強烈なシュートを披露。「なるべく早くゴールを決められるように頑張りたい」と自身もチームも勢いに乗せる今季1号を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年2月28日のニュース