神戸 前半戦の大一番へ緊張感、安達監督「千葉は力ある」

[ 2013年6月6日 06:00 ]

 J2神戸は前半戦最後の大一番を前に緊張感が高まった。8日にホームで迎え撃つ千葉は自動昇格2枠を争うライバル。FWケンペスやDF山口などメンバーの質も高く、「ガンバを含めて京都と千葉は力があると思っていた」と安達監督も警戒する。

 現時点で勝ち点差を9に広げているものの、逆に追い詰められた相手の勢いが怖い。「われわれも首位争いをしていて落とせない。緊張した空気で練習しないといけない」と話す指揮官は、次戦に向けて精神面の重要性を強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年6月6日のニュース