PR:

11日イラク戦 主力温存ターンオーバー制、再び「3―4―3」も

熱弁を振るザッケローニ監督

アジア最終予選B組 イラク―日本

(6月11日 カタール・ドーハ)
 日本代表がイラク戦に主力メンバーの一部を温存させる「ターンオーバー制」で臨むことが濃厚となった。

 ザッケローニ監督は会見で「(15日のコンフェデ杯初戦)ブラジル戦を頭に入れて、コンディションの上がっていない選手はイラク戦で上げなければならないし、休みが必要な選手は休ませる」と、ベストメンバーで臨んだ4日のオーストラリア戦からの先発入れ替えを示唆。ケガから復帰したばかりの本田、長友は調整のため出場する可能性はあるが、累積警告で出場停止の長谷部を含め、シーズンを戦い抜いたばかりの欧州組はカナリア軍団との決戦に備えることになりそうだ。

 また、「3―4―3」については、遠藤が「これからはアジアでの戦いを考える必要はない。また3―4―3を試す可能性もあると思う」と言及。世界との真剣勝負を前に、“ザックシステム”の習熟を目指す。

[ 2013年6月6日 06:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月21日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム