46歳カズ 代表入り意欲「日本人であれば、誰でも権利ある」

[ 2013年6月6日 06:00 ]

W杯出場を決めた日本代表を祝福する横浜FCの三浦知良

 J2横浜FCの三浦知良(46)が5日、日本代表が14年W杯ブラジル大会出場を決めてくれたことに“感謝”した。親交のある欧州組の面々にはオーストラリア戦後、早速「ありがとうございます」「おめでとうございます」と丁寧なメールを送ったことを明かした。

 「これは日本人であれば、誰でもW杯ブラジル大会に出る権利があるわけで、それは高校生でも大学生でも46歳の僕であってもおかしくないわけだから、そういう思いで毎日を過ごしたい」。人生そのものというW杯への思いをさらに強くした様子だった。

 前日は本田が今予選5点目を決め、最終予選でのカズの記録(94、98年=4点)を更新した。「彼のアイデンティティーと言うか、責任感、存在感があのPKにつながったんだと思う」。カズは今年もコンフェデ杯後に欧州組との晩さん会を予定している。本田とは過去に一度、街で偶然会ったことがある程度だが、スケジュール次第では初参加の可能性も。実現すれば一層、豪華な宴となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年6月6日のニュース