モウリーニョ監督「両者の合意」で退団 レアル会長「今が適切な時」

[ 2013年5月21日 08:31 ]

今季限りでレアル・マドリードを退団することが発表されたモウリーニョ監督

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が20日、本拠地のサンチアゴ・ベルナベウで会見し、ジョゼ・モウリーニョ監督が今シーズン限りで退団することを発表。同会長は「解任ではなく両者の合意による。お互いに今が適切な時と判断した」と説明した。

 2010年5月に同クラブと契約を結んだモウリーニョ監督は、就任1季目にスペイン国王杯を18年ぶりに制覇。昨季はリーグ優勝を果たしたが、今季はリーグ2位、欧州CL準決勝敗退、スペイン国王杯も決勝でアトレチコ・マドリードに敗れ、タイトルを逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年5月21日のニュース