ニュージーランド粘りのドロー、五輪へ弾み

[ 2012年7月12日 06:00 ]

<日本・ニュージーランド>試合終了間際、ルーカス(16)がゴールを奪う

キリンチャレンジカップ ニュージーランド五輪代表1-1日本五輪代表

(7月11日 国立)
 ニュージーランドは途中出場のFWルーカスが終了間際に同点弾。敵陣でのボール奪取から速攻に転じ、最後はオーストラリアの州リーグでプレーする20歳のストライカーが決めた。

 エンブレン監督は「粘り強さを見せることができた。結果は喜ばしい」と話した。五輪初出場の08年北京大会は1分け2敗。今大会はブラジルと同組ながら1次リーグ突破を目標とし、強化試合の初戦はうれしい幕切れとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月12日のニュース