モウリーニョ監督“恩赦”にバルセロナ反発

[ 2012年7月12日 06:00 ]

 スペイン協会は10日、選手や関係者への処分取り消しを発表した。

 協会会長選に伴う“恩赦”だったが、バルセロナが反発。昨季スペインスーパー杯第2戦でビラノバ助監督の目を指で突いたRマドリードのモウリーニョ監督がベンチ入り禁止2試合の処分を取り消されたことに幹部が「処分なしで襲撃可能と勘違いさせる」と訴えた。今季バルサ監督に昇格したビラノバ氏も同1試合の処分が取り消され、両指揮官は今季スーパー杯第1戦から采配が可能となったが、バルサ側は納得できない様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年7月12日のニュース