佐々木監督、手応え十分!協会幹部もうなった

[ 2012年7月12日 06:00 ]

<日本・オーストラリア>試合後、あいさつする佐々木監督

キリンチャレンジカップ 日本3―0オーストラリア

(7月11日 国立)
 佐々木監督は3―0のスコア以上に手応えを感じていた。先発は昨夏のW杯を制したチームをベースに編成。それでも「昨年のW杯は沢が中心のチーム。ロンドンではもう一つ若い世代、宮間が中心となるチームをつくり上げたい。今ピッチ内外でいい成果が出ている」。チームの確かな進化を感じ取っていた。

 ピッチ内で際立ったのは、攻撃におけるアクション、特にセットプレーの多彩さだ。CKのキッカーを務めた宮間は左右両足のキックでボールを操り、変化をつけた。ショートCK、大きなカーブ、ストレートと豊富な球種で得点機を演出した。日本協会幹部が「本当によく考えられた攻撃」とうなったほど、鍛え上げられていた。

 五輪初戦カナダ戦まで2週間。ここから加速度的にチームを成熟させる。「オーストラリアは一人一人の質が高い。でも、その良さを消し、イニシアチブを取れた。ただ攻撃の精度は改善の余地がある。岩清水、安藤ももっとコンディションが上がる。もう1ランク、ステップを上げたい」。メダル獲得を宿命づけられた指揮官の意識は高い。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年7月12日のニュース