ロスタイム失点 権田が村松にカツ「本当にヤバイと思わないと」

[ 2012年7月12日 09:31 ]

<日本・ニュージーランド>試合後、怒りが収まらない権田
Photo By スポニチ

キリンチャレンジカップ 日本五輪代表1-1ニュージーランド五輪代表

(7月11日 国立)
 GK権田は3月14日のロンドン五輪アジア最終予選バーレーン戦以来の出場で、前半39分に相手FKを止めるなど安定したセーブを見せていたが、最後に完封を逃した。

 1―0の後半ロスタイム、自陣で村松がボールを奪われ痛恨の失点。試合直後のピッチでは権田が、ぼう然とする村松の胸を小突いてカツを入れる一幕もあった。

 守護神は「怒っていたわけじゃない」と説明。サポーターからブーイングを受けたことには「結果に対する素直な反応だと思う。“切り替えよう”で終われる試合ではない。全員が本当にヤバイと思わないといけない」と唇をかんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月12日のニュース