大津、存在感示すも「チャンス生かせなかった」

[ 2012年7月12日 06:00 ]

<日本・ニュージーランド>前半、オーバーヘッドシュートをみせる大津

キリンチャレンジカップ 日本五輪代表1-1ニュージーランド五輪代表

(7月11日 国立)
 1トップでフル出場した大津祐樹はチーム最多の5本のシュートを放って存在感を示した。

 前半30分には徳永の左クロスを胸トラップで落とし、オーバーヘッドシュート。惜しくもGK正面だったが、観衆を大いに沸かせた。ただ、得点は奪えず「欲しかったのは結果。引き分けは負けに等しい。体は動いていたけどチャンスを生かせなかった」と悔しさをあらわにした。

 五輪予選の主戦場は右MF。だが、合宿初日の8日に関塚監督から1トップに指名され、パスの連動の中で流動的に動く“ゼロトップ”のスタイルで攻撃を活性化させる役割を託された。「崩すイメージは合っていた。いいサッカーができていた」と収穫もあった様子。「ポジティブに捉えないと。もっともっと良くなるはず」。自分とチームに伸びしろがあることを強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年7月12日のニュース