緊張した面持ちの香川「誇りを感じる」

[ 2012年7月12日 22:28 ]

マンチェスター・ユナイテッドの入団記者会見で笑顔を見せる香川真司
Photo By スポニチ

香川真司 マンチェスター・ユナイテッド入団会見

 赤と黒の練習着に身を包んだ香川真司はファーガソン監督の隣に座り、やや緊張した面持ちで質問に答えた。

 ―チームに加わって。

 「クラブハウスを見てもビッグクラブだなと感じる。練習着やエンブレムが入っているものに袖を通すと誇りを感じる。一日も早くこのチームで(好)結果を残したい」

 ―英語習得は。

 「英語を覚え、なるべく早くチームメートと深いコミュニケーションを取れるよう頑張りたい」

 ―どの位置でのプレーを望むか。

 「中央でのプレー」

 ―見せたいプレーは。

 「攻撃のところ。得点やアシスト。個人能力が高い選手が多いので、コンビネーションでいいプレーを見せられるかが楽しみ」

 ―自身の能力向上に意欲的だ。

 「さらに上を目指すためには、プレーの質をレベルアップさせることが必要。練習でもレベルが高い環境でできることは素晴らしい。大事に一日一日を頑張りたい」

 ―新たな挑戦になる。

 「ここに来られてうれしい。大きなチャレンジだと思う」(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月12日のニュース