9年勝利なし…磐田 鬼門の敵地ダービーで逆転負け

[ 2012年4月15日 06:00 ]

<清水・磐田>後半34分、シュートを外し頭を抱える磐田の山本康(23)

J1第6節 磐田2-3清水

(4月14日 アウスタ)
 磐田は鬼門のアウェーのダービーで逆転負けを食らって、森下監督就任後初黒星を喫した。今季公式戦7試合負けなしの勢いに乗って、前半12分に韓国代表のチョ・ビョングクのJ1初得点で先制したが、前半終了間際にミスから失点して流れが変わった。

 チョ・ビョングクは「ゴールを取れた喜びよりも、3失点した悔しさの方が大きい」と反省。アウェーの清水戦は03年4月を最後に9年間白星なしとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年4月15日のニュース