岡崎 途中出場も不発…目標の10得点を諦めず

[ 2012年4月15日 06:00 ]

ブレーメン戦の後半、競り合うシュツットガルトの岡崎(中央)

ブンデスリーガ シュツットガルト4-1ブレーメン

(4月13日)
 シュツットガルトの岡崎慎司は後半35分から2戦ぶりに途中出場。チームは大勝したが「悔しいですね。せっかく海外まで来て自分が出ないと」と短い出場時間を嘆き「もっとサッカーがしたい」と控えに甘んじている現状を悔しがった。

 今季ここまで7得点。「どうしても、あと3試合で3点取りたいんで」と目標に掲げる10得点を諦めていない様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年4月15日のニュース