川崎F 開始18秒弾も逆転負け…6戦勝ちなし

[ 2012年4月15日 06:00 ]

<G大阪・川崎F>初陣を飾れなかった川崎Fの望月コーチ

J1第6節 川崎F2―3G大阪

(4月14日 万博)
 川崎Fは相馬前監督解任後初の試合。必勝を期したが、逆転負けを喫した。開始18秒に田坂のクラブ史上最速ゴールで先制すると、1―0の前半30分には右CKから小林が頭でネットを揺らした。今季初の2得点を記録したが、その後3失点。

 それでも中村は「2点取れたのは前進。最後までアグレッシブにできた。こういう試合で勝ちきりたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年4月15日のニュース