名門再建へ 横浜後任監督は日産OB・長谷川健太氏が有力

[ 2012年4月15日 07:51 ]

<横浜・大宮>今季公式戦8試合目もまた勝てず。がっくりの中村(右端)ら横浜イレブン
Photo By スポニチ

J1第6節 横浜1-1大宮

(4月14日 ニッパ球)
 ホームで大宮と引き分けて、クラブワースト記録を更新する開幕6試合勝ちなしとなった横浜。進退問題が浮上している樋口靖洋監督(50)だが、近日中にも解任される可能性が高まった。

 樋口監督は一昨年からコーチを務め、今季監督に昇格したばかり。後任は前身の日産OBで、元清水監督の長谷川健太氏(46)が有力。長谷川氏は1988年に当時日本サッカーリーグ1部の日産に加入し、数々のタイトル獲得に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年4月15日のニュース