セホーン監督が呂比須コーチらと来日!G大阪再建に意欲

[ 2012年1月17日 21:32 ]

 G大阪のジョゼカルロス・セホーン新監督が17日、ヘッドコーチに就任した元日本代表FW呂比須ワグナー氏、DFエドゥワルドら新入団2選手とともに出身地ブラジルから大阪空港に来日した。セホーン監督は2年連続で無冠に終わったチームの再建へ「わたしはビッグクラブを率いた経験がある。G大阪にふさわしい結果を出す」と自信と意欲を示した。

 昨季のG大阪の試合は全てDVDで確認したそうで「遠藤は代表クラスで、明神もいい選手。他チームより劣る部分はない」と戦力に早くも好印象の様子。呂比須コーチも「自分にとって大きなチャンス」と意欲をかき立てた。

 セホーン監督は19日に就任会見し、22日から沖縄・石垣島での1次キャンプで指揮を執る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年1月17日のニュース