清武 病院で静養、C大阪関係者「大したことない」

[ 2012年1月17日 06:00 ]

U―23日本代表候補合宿

(米グアム)
 発熱によりグアム入りを見合わせているMF清武は前日から滞在している千葉県内の病院で静養に努めた。

 38度台まで上がっていた熱は下がったり上がったりしており状態は不安定だという。比嘉は出発前に電話をもらったことを明かし「風邪をひいたって言ってました。元気そうでしたよ」と話していた。所属するC大阪の関係者も「大したことないと聞いている」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年1月17日のニュース