和田監督が言及、12年のヴィッセルは魅せて勝つ!

[ 2012年1月17日 06:00 ]

 12年のヴィッセルは魅せて勝つ。このオフ、精力的な補強を見せた神戸の和田監督が16日、神戸市西区のクラブハウスを訪れると、今季の目指すサッカーに言及。「もっと流動的に攻撃できるスタイルをつくりたい。DFの選手も点を取るような、リスクのあるサッカーをしたい。個で打開できるようなチームにできたら」と狙いを口にした。

 MF野沢やFW田代ら元日本代表選手4人を獲得し、確実にチーム力はアップした。指揮官もこの年末年始でイメージを高めて、目指すべき姿を思い描いてきた。その結論が、攻撃的な戦術と個人能力を生かしたスタイルの構築だった。

 昨季はクラブ最高位の9位でフィニッシュした。今年は8位以上という結果を求められるのはもちろんのこと、内容も高めていくつもり。新生・神戸がピッチの内外で話題を振りまく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年1月17日のニュース