J1神戸の和田監督「必ず復興できる」

[ 2012年1月17日 18:15 ]

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸の和田昌裕監督(46)や吉田孝行選手(34)ら4人が17日、神戸市で行われた「ひょうご安全の日のつどい」に参加し、慈善オークションなどを行った。また阪神大震災の経験を語ったほか、東日本大震災からの復興にメッセージを送った。

 高校生の時に阪神大震災を経験した吉田選手は「あらためて当時のことを思い出した」と神妙な表情。1995年はヴィッセル神戸としての初練習が予定されていた日に震災が発生したこともあり、和田監督は「震災とともに歩んできたチーム。(東日本大震災の被災地も)必ず復興できると信じて前を向いて歩んでほしい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年1月17日のニュース