ゼニト 誇らしげな指揮官「これは奇跡でも何でもない」

[ 2011年12月7日 10:18 ]

<ゼニト0-0ポルト>決勝トーナメント進出を決めてガッツポーズをするゼニトのスパレッティ監督

欧州CL1次リーグG組 ゼニト0―0ポルト

(12月7日)
 国内リーグで本田圭佑のCSKAモスクワを抑え、首位に立つゼニトは昨季の欧州リーグ王者のポルトと敵地で引き分け、初めて決勝トーナメントに進んだ。

 攻撃的な相手に押し込まれたが、GKマラフェエフが再三、好セーブを披露して無失点でしのいだ。スパレッティ監督は「これは奇跡でも何でもない。選手たちはこの結果に値する」と誇らしげだった。 (共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月7日のニュース