12年ACL1次リーグの組み合わせが決定

[ 2011年12月7日 06:00 ]

 アジアサッカー連盟(AFC)は6日、クアラルンプールで来年のACLの1次リーグ組み合わせ抽選を行い、J1で初優勝した柏はH組に入り、今季ACL準優勝の全北(韓国)、広州恒大(中国)と、今後決定するタイのリーグ覇者との対戦が決まった。

 同組は4チームとも各国のリーグ王者。J1で2位の名古屋はG組、4季ぶりの優勝を狙うG大阪はE組、来年1月1日に決まる天皇杯優勝チームはF組となった。天皇杯で柏か名古屋が優勝した場合は、J1で4位の仙台が出場する。32チームが8組に分かれて行う1次リーグはアジアを東西に分けて来年3月6日に開幕し、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月7日のニュース