呂比須氏 G大阪監督就任へ前向き「実現すればうれしい」

[ 2011年12月7日 06:00 ]

G大阪監督の最有力候補・呂比須氏

 来季のG大阪監督の最有力候補の元日本代表FW呂比須ワグナー氏(42)が6日、サンパウロ市内でスポニチ本紙の電話取材に応じた。

 現在代理人が来日して交渉中だが、呂比須氏は「まだ何も決まっていない」とした上で「僕は日本が大好き。いつか日本に戻りたいと思っている。だから今回契約が実現すれば本当にうれしい。Jリーグで優勝するという目標を持ってブラジルで監督業を頑張ってきた」と就任に前向きな姿勢を示した。

 02年に引退し、05年からブラジルで指導者の道を歩み出した。これまでも「毎年のようにJリーグのクラブからのオファーをもらっていたけど、残念ながら実現には至らなかった」という。パウリスタFCの監督は今季限りでの退任が発表済み。中東のクラブからもオファーが届いているもようだが「何も決まっていないけど、ぜひ良いニュースをお届けできればいいね」。第二の故郷への恩返しを心待ちにしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月7日のニュース