まさに磐田理想の監督像…森下コーチ昇格決定

[ 2011年12月7日 06:00 ]

 磐田の新監督に森下仁志コーチ(39)が“内部昇格”することが6日、決定した。7日に発表される。吉野博行社長(63)は「(森下コーチは)確固たる哲学、指導スタイルを持ちながら、進化する次世代サッカー理論を常に意識し、森下氏自らも常に成長し続けようとする向上心がある。磐田が求める監督像にふさわしい人物だと確信している」と理由を説明した。

 森下コーチは05年に磐田で現役を引退後、06年から磐田ユースコーチ、08年からトップチームコーチとして手腕を発揮。09年から続いた柳下正明前監督(51)の後を受け継ぐには、うってつけの人物だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月7日のニュース