浦和 好プレー映像でプラス思考に“洗脳”

[ 2011年2月5日 06:00 ]

 浦和・ペトロヴィッチ監督が開幕までの1カ月間を徹底したプラス思考作戦で乗り切ることを明かした。練習前のミーティングで2日の練習試合(対流通経大)の映像を使用。「いい動き、いいセンタリング、いい1対1…」と良かったシーンのみ編集したものを選手に見せた。

 「自信を持たせるために見せた。これからも続けることによって、開幕する頃には皆自信を持ってプレーできるようになると思うよ」と効用を口にした。練習後はFWとGKを集めて30分間に及ぶ居残りシュート練習も実施。球出し役を務めただけでなく強烈なシュートまで披露した熱血漢が、1カ月で選手をプラス思考に“洗脳”する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月5日のニュース