U―22関塚監督は代替試合希望「2試合やって帰りたい」

[ 2011年2月5日 09:00 ]

バーレーンに到着したサッカーU―22日本代表の永井(右)と宇佐美

 サッカー男子のU―22(22歳以下)日本代表は5日未明、バーレーンのマナマに到着した。関塚隆監督は今回の中東遠征で9日のサウジアラビア戦が急きょ中止となったことについて「非常に残念。9日にしっかりと試合ができるよう(日本)協会に組んでもらって、2試合やって帰りたい」と、代替の試合を実現させたいとの考えを示した。

 今遠征は6月のロンドン五輪アジア2次予選を見据えた強化の一環。12日のバーレーン戦は予定通り実施する。チームは5日午後に初練習の予定。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月5日のニュース